RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
明日の神話。
国家レベルの「高校デビュー」は富国強兵ですが、
いつまでもあか抜けないのは隈雨平です。



・故岡本太郎さんの巨大壁画「明日の神話」の設置場所がついに決定しましたね。
 東京の渋谷ということで、太郎さんはもともと
 芸術が、一部の金持ちがコレクションとか言って所蔵してるよりも
 公共の場におかれて、人々の目にさらされることで
 常にエネルギーを発しつづけていくことを望んではったんで、
 この場所は最高ではないでしょうか。
 
 大阪万博と同じ時期に
 メキシコで描かれた「明日の神話」が、
 ようやく日本の公共の場にちゃんと置かれるようになった経緯は
 ひとすじ縄ではいかないものがあって、
 感慨深いです。

 岡本敏子さんが亡くならはってから、
 いろんな人ががんばらはったんやもんなー。
 私も、小額ですが寄付しました。
 修復に少しでも役立ってもらえたら、これほど嬉しいことはないです。
author:隈雨平, category:-, 00:25
comments(0), trackbacks(1), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:25
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://kumanosu.jugem.jp/trackback/105
岡本太郎の「明日の神話」?
昨日帰ってきて、テレビをつけたら、NHKの9時前のニュースでやっていました。 岡本太郎記念現代芸術振興財団は、岡本太郎さんの大作「明日の神話」を東京都渋谷区に恒久的に設置することを決定したそうです。 「明日の神話」は、幅30メートル、高さ5.5メ
いい加減社長の日記, 2008/03/19 6:21 AM