RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
雲れ日。
不思議なことだなあと思うのは、
ほんとは別にスポーツ観戦とか好きじゃないし、
運動神経もよろしくないし、
どちらかというと文化系なのに
今回の、というか
最近のオリンピックなどは、たのしんで観ているということです。

特に今回の北京オリンピックに関しては、
テレビ画面に映るものがいちいち面白いと感じます。

あの建築や、曇り空や あるいは青空がのぞく事や
あの人の多さや、声や動きなどの
いろいろなものが
何か、いつも観るものと微妙に違っていて
違和感なのかなんなのか
ポジティブなのかネガティブなのか
自分でもどう受け止めているのかよくわからないものが
映し出されて、さらに
水泳や陸上競技ではすごい世界記録がでている
ということを、リアルタイムで目撃しているという状況が
不思議なかんじがして、面白がっている自分がいます。

なんて、句点の少ない文章なんやろう。


author:隈雨平, category:テレビについて。, 23:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:56
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://kumanosu.jugem.jp/trackback/292