RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
苦しこの夜。
 最近気になっていることを
キーワード的に羅列(しきゃならないほど多くはないけれど)
しすると

「良薬は口に苦し」
「パッケージデザイン」
「トイレ」
「プレゼント」
・・・など(省略してるし)

「反面教師」ということばがあるのですが、
「あなたは私の反面教師です。」と直接いうとすごく角が立つので、

一見だめそうなものが実はいいみたいなことで、
「あなたはいい薬みたいですよね」っていうことにすると
よけいな軋轢を生まずにすむのではないかと
最近考えています。

っていうのは、嘘で

自分が、失敗したりして
迷惑をかけたりしても
なんだか知らないけれど、結果オーライ的な感じで
いいかんじになったときには、
細かい失敗のことは
「良薬の苦さ」(つまりつきものなのだと)
というふうに思ったらわりといろんな事がすっきりするのでは
ないかなあと思い
いいたとえだと思ったので、
「いい感じのくせにのどに小骨がひっかかってるような感じの人」
を見つけては説いて回ろうと
勝手に考えていたという話・・・。
(よけいなお世話ですか。そうでしょうな。)

「トイレ」と「パッケージ」と「プレゼント」については
後日触れる事になるでしょう。


author:隈雨平, category:なんとも分類しがたいはなし。, 02:06
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 02:06
-, -, pookmark
Trackback
url: http://kumanosu.jugem.jp/trackback/573